大手旅行会社「てるみくらぶ」の倒産について

「てるみくらぶ」倒産についての弊社見解

日本では、ハワイや東南アジアの格安ツアーを販売していた旅行会社「てるみくらぶ」が倒産し、利用客の被害が大きな問題となっています。

この倒産により、出発当日に電話で一方的に出発ができなくなったという連絡があったり、現地のホテルに宿泊代金が振り込まれておらず、お客様が追加負担したり、といった被害が報告されています。

このような被害に遭った方たちのために、日本旅行業協会(JATA)が定めた「弁済業務保証金制度」という取り決めがあります。

これは、旅行業務に関しての取引を行なった消費者に対し、その取引によって生じた債権について、日本旅行業協会(JATA)が国に供託した弁済業務保証金から一定の範囲で消費者に弁済するという制度です。

しかし、一部報道によれば、「てるみくらぶの負債額、151億円(利用者9万人に対する負債、99億円含む) 対し、弁済額の上限は1億2000万円、弁済額と負債額との間にはあまりにも大きな差があるため、ほとんどの利用客は全額の返金は受けられず、泣き寝入りをすることになることが予想されます。

この様な被害を被られたお客様に、心より同情致しますと共に、同業であります「てるみくらぶ」に対し、一旅行会社として憤慨の念を禁じ得えません。

また粉飾決済は企業として決して許される事ではございません・・・ただ1つ、同社が粉飾決済をしなければならない程に追い込まれた原因として、現在の旅行業界を取り巻く状況が起因していることも多少なりともあると考えております。

旅行業界を取り巻く現在の環境

現在の旅行業界は、ネットの普及により旅行者が航空券やバスなどの移動手段、ホテルなどの宿泊施設を自分で簡単に手配できるようになりました。

そのため、旅行会社が自社を利用してもらうためには、利益率を落としたギリギリの価格設定で格安ツアーを企画し、利益が出すために、いわゆる"薄利多売"、できるだけ多くのお客様に参加していただく必要があります。

そして、そのためには多くの広告宣伝費をかける必要があります。

「てるみくらぶ」が破綻した原因のひとつは、広告宣伝費のかけ過ぎによるのではないかとも言われています。
 
実際「てるみくらぶ」はこの2年程、中堅クラスの旅行会社とは思えないほどの高額な広告宣伝費をかけていたと報道されています。

各社の競争が激しくなる中、莫大な広告宣伝費を投じて集客を増やそうとしたがうまく行かず倒産した、という見方が一般的です。

「格安」観光ツアーが作られる仕組み

では、各社が生き残りをかけて競って販売しなくてならない「格安ツアー」の仕組みとはどうなっているのでしょうか。

格安ツアーを作るためには、以下のような様々な方法があります。

1.航空券は航空会社への格安運賃による仕入れの交渉。

2.宿泊料金が安いホテルを利用し、更に宿泊代金の値引き交渉。

3.1回にできるだけ多くのお客様を集めて行う観光や送迎(ガイドや車両代金がお客様の人数で分割されるため一人単価は安くなる)。

4.現地観光での費用の経費削減(食事内容を見直し、ガイド等の人件費等の値段交渉)。

ネットの普及に伴い旅行会社はその対抗策として格安ツアーの販売を強化していると前述しましたが、その格安ツアーも、ネット普及前より"格安"にすることが難しくなっています。

それは、格安にするための一番のパーツだった航空券の運賃が、以前よりも格安で仕入れることが出来なくなってきたからです。

リーマンショック以降、各航空会社は無駄な空席をできる限り少なくするため、ジャンボジェット機から中型機への機種変更を行ってきました。

ジャンボジェット機を運航させていた時には空席が多く、旅行会社は交渉次第でかなり安い航空券を仕入れることができたのですが、中型機の場合は空席が少ないため、以前ほど格安の航空券を仕入れることが困難になりました。

更に、旅行会社に委託していた格安航空券の販売は、ネットを通して航空会社が直接お客様に販売するようにもなりました。

ホテルの宿泊料金や現地のランドフィーの割引交渉などは、実際問題としまして、年間何千人もの送客をしないと実現しないので、小・中堅クラスの旅行会社では、料金の格差はそれほどないと考えられます。

格安航空券を取り巻く状況と現地のホテルやランドフィーとの兼ね合いを考えると、同じような内容の格安ツアーであれば、数万円の料金格差がでることは考え難いので、もし他社とかなりかけ離れた料金を提示している旅行会社があれば、その会社は要注意かもしれません。

実際に「てるみくらぶ」が販売していたハワイや東南アジアの格安旅行も、他社と比べてかなり格安だったと報道されております。

ダイニチトラベルでは同様の事が起こらない理由

「てるみくらぶ」のような日本の中堅旅行会社が倒産すると、弊社のような海外にある小さな旅行会社に申し込みをすることを躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、弊社は従業員数人の小さな会社ではありますが、堅実な経営を行っているという自負があります。

小さな旅行会社であるからこそ、資金繰りやお金の流れがよく把握でき、無駄な経費で経営を圧迫するリスクも少ないです。

例えば弊社では、お客様にツアー代金をお振り込み頂きましたら、ホテルやチケット取得等、利用施設・サービスへの支払いを即刻行います。

これは私たちからしますと至極当たりまえの事なのですが、「てるみくらぶ」を良い例として大手旅行会社では効率化やキャッシュフローを重視し、結果的に後回しにする企業も多く存在します。

また、2年前にはペルーの国税局より弊社宛に通達があり、遅滞無しに税金を納めている優良企業としての認知もされております。

日本国内の旅行会社のような添乗員同行の格安ツアーの企画・販売はまだまだできませんが、ペルー現地にある旅行会社としてお客様に直販することにより、日本の旅行会社よりお手頃な価格でのツアーの販売、また現地情報をより早くお届けすることを、従業員一同、日々心がけております。

旅行を考える皆さまにとって、格安ツアーはとても魅力的な選択肢のひとつだと思います。

しかし、今回の「てるみくらぶ」のような被害に遭わないためにも、ツアー代金だけではなく、旅行会社へのお問い合わせ時の対応やサービス等にも目を配り、ご自身にあった旅行会社を選択していただきたいと切に願っております。

そしてペルーへの観光旅行をご計画の際には、その選択肢の中の一つとして弊社も加えて頂ければ幸いに存じます。

追記

上記記事に関しまして、特に「予約代行をご依頼頂いた際にお支払いいただく代金の流れ」についてもう少し解説させて頂いたページを追加致しましたので、どうぞご一読下さいますようお願いいたします。


予約代行をご依頼頂いた際に、お支払い頂いく代金の流れについて

上記に関する事やそれ以外の事でも、ペルーの事なら何なりと弊社へお問い合わせ下さい!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.