ペルー基本情報

ペルーの基本的な情報一覧

マチュピチュやナスカの地上絵で有名なペルーですが、日本では知られていない事が沢山あります。まずは基本情報をチェック!時差や気温、宗教や、クレジットカードは使えるの?など一通りの情報を揃えました。ペルー観光のプラン作りに役立てて頂ければ幸いです。

国名:ペルー共和国 Republica del Peru。

面積:128万5216km²(日本の約3.4倍)。

人口:約2742万人。
※首都リマをはじめ海岸地方に全体の半数以上が集中します。

首都:リマ Lima。

言語:公用語はスペイン語、ケチュア語。全体ではスペイン語。
※一部山岳地域ではインカ時代からのケチュア語、アイマラ語を話します。

宗教:国民の約90%がローマ・カトリック。
*宗教の選択は自由です。ケチュア族の間では、大地の神パチャママなどを崇拝する土着宗教が今も根づいており、パチャママと聖母マリアを同一視している地域もあります。

通貨:通貨はヌエボ・ソル(Sol:略号S/.)、補助通貨がセンティモ(Centimo)。
100Centimo=S/.1となります。ソル紙幣はS/.10、20、50、100、200があり、コインはS/.1、2、5、10、20、50Centimoがあります。

両替空港、両替所、銀行、ホテルで可能です(ドル、ユーロからソルへ)。
※日本円は殆ど通用しないのでご注意下さい。米ドルの少額紙幣の現金を持参したほうがよいです(US$50やUS$100等の高額紙幣は受け取りを拒否される場合があります)。

クレジットカード観光客用のホテル、レストラン、土産物店などで使用が可能です。
※安いホテル、一般商店、食堂などでは使用できないことがあります。空港や町中にはATMがあり、ソルまたはUSドルの現金を引き出すことが可能です(クレジットカードを使用する場合は5~7%の手数料が掛かる場合があります。) カードは ビザ、マスター、アメリカンエクスプレス、ダイナースが一般的です。

電源とプラグ:220ボルト、60ヘルツ。
*プラグは平2つ穴Aタイプ、丸2つ穴のCタイプが主流です。3つ穴SEタイプも使用されています。

年齢制限:飲酒、喫煙は18歳未満不可。

チップ習慣があります。
※レストランなどサ-ビス料が含まれていない場合の目安は料金の10%程度。含まれている場合でも気持ち程度のチップを置いてゆくのが一般的です。高級ホテルのル-ムチップは1人US$1.00。ホテルや空港のポ-タ-はUS$1.00置いてゆくのが一般的です。

飲料水水道水は飲料用ではありません。
※飲料水(AGUA DE MESA)またはミネラルウォーター(AGUA MINERAL)を購入のこと。炭酸入り(CON GAS)と炭酸無し(SIN GAS)があります。

時差日本より14時間遅れ。
※サマータイムは実施していません。日本が正午の時、ペルーは前日の22時です。

気候と地理
※南米大陸のほぼ中央に位置するペルー共和国は、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接し、西側は太平洋に面しています。南回帰線の内側にあるため、緯度上では熱帯圏に含まれますが、地域によってさまざまな地理的影響を受け、異なった気候となります。大きく3つのエリアに分けられ、その約半分を占めるのが熱帯雨林地域(セルバ)です。次いでアンデス山岳地域(シエラ)、太平洋岸に広がる海岸砂漠地域(コスタ)です。

更に詳しい情報はこちらのページを参考にしてください。

服装
※クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ペルー観光の中心となる観光地は山岳地域になります。山岳地域は、季節に関係なく朝晩はかなり冷え込みますので、保温性の高い上着が必要となります。山岳地域でも日中は気温(25℃以上になることもあります)が上昇しますので、重ね着できる衣服をご用意いただいて着脱して気温の変化に対応していただくのが良いでしょう。リマ、ナスカ等の海岸砂漠地域の夏の時期(現地の12月~3月)は、27℃程度まで気温が上昇することがありますので、半袖をご用意下さい。

予防接種一部の地域へ行く場合必要。
※マヌーなど一部のジャングル地帯に行く場合に黄熱病の予防接種が義務付けられています。リマ、クスコ、マチュピチュ、チチカカ湖、ナスカなどへの訪問は必要ありません。

高山病予防
※低地から高地にあがった時、その低気圧、低酸素状態に体が順応できないことが原因で起こる症状のことを言います。
初期症状は、頭痛、呼吸浅薄感、食欲低下、腹部の膨満感などで、就寝後も眠りが浅く、頻回に目を覚ます不眠感も症状の一つです。

(高山病予防のポイント)
●高地に到着したら、走らない。ゆっくり、ゆっくり行動する。
●水分を十分に摂る。
●高地では消化機能が低下するので、食事は腹八分目、七分目を心がける。炭水化物を多めに摂り、脂肪分は控えめにする。
●タバコ、アルコールはできるだけ控える。睡眠薬も控える。

その他
※ペルーでは身分証明書の携帯義務があります。パスポートのコピーを必ず携帯してください。

祝祭日

ペルーの祝祭日
1月1日元旦
4月13 ~ 16日聖週間
5月1日メーデー
6月24日農民の日(クスコのみ)
6月29日サン・ペドロとサン・パウロの日
7月28 〜 29日独立記念日
8月30日聖女ロサの祭り
10月8日アンガモス海戦記念日
11月1日諸聖人の日
12月8日聖母受胎の日
12月25日クリスマス

こちらのページもチェック!

Comments are closed.