ペルーの気候と地理

ペルーの気候や地理を知ろう!

南米大陸のほぼ中央に位置するペルー共和国は、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接し、西側は太平洋に面しています。南回帰線の内側にあるため、緯度上では熱帯圏に含まれますが、地域によってさまざまな地理的影響を受け、異なった気候となります。

ペルーは大きく3つのエリアに分けられ、その約半分を占めるのが熱帯雨林地域(セルバ)です。次いでアンデス山岳地域(シエラ)、太平洋岸に広がる海岸砂漠地域(コスタ)です。

コスタ(海岸地帯)

ペルーの太平洋側に面した幅30~50m、長さ3000㎞に及ぶ海岸砂漠地帯で、リマやナスカはこの地帯に属します。年間の平均気温は、20℃前後で、年間を通じてほとんど雨が降りません。この地域に住む人々は、東に位置するアンデス山脈から流れるてくる川の水を生活水として利用しています。
ペルーの春、夏にあたる11月~4月の時期は天気の良い日が多いのですが、冬の時期になると曇天の日が続き、ガルーアという霧が立ち込めることもあります。

シエラ(山岳地帯)

標高2500m~3500mの気候区分はケチュアと呼ばれ、この地域には、観光地でもあるワラス、クスコ、プーノが含まれます。このケチュアを越え標高3500m~4500mになるとスニと呼ばれる不毛地帯になります。標高が高くなるにつれ平地が少なくなるため、山の斜面に段々畑を作り、そこではジャガイモやキヌアなどが栽培されています。
標高が高いため気温は平均して低く、天気のよい日の日中は日差しが強いため気温が上がりますが、朝晩はかなり冷え込みます。
クスコやマチュピチュは、11月~3月頃が雨季にあたります。

セルバ(森林地帯)

アンデス山脈を越えた東側は、ペルーの国土の約60%を占めるアマゾン熱帯雨林地帯になります。平均気温は28℃程度ですが、5月~10月の乾季は、40℃を超えることも珍しくありません。11月~4月が雨季で、毎日まとまった雨が降り高温多湿になります。

観光地のベストシーズン

リマ、ナスカ
乾季にあたる11月~4月がベストシーズンですが、年間を通してほとんど雨が降らないため、ツアーは一年中行われています。

クスコ、マチュピチュ、プーノ
5月~10月の乾季がベストシーズンですが、雨季でも一日中雨が降り続くことは珍しいのでツアーは一年中行われています。

アレキパ
ツアーは通念行われていますが、コンドル観察は、乾季に当たる4月~10月が見えやすいのでベストシーズンになります。

イキトス
アマゾンのジャングルツアーでは雨季は毎日雨が降るため、6月~10月の乾季がベストシーズンとなります。

その日/近日中の天気を知りたい場合はペルー気象庁のページが便利です。

ペルー気象庁の天気予報ページ

パソコンからアクセスすると、都市にカーソルを合わせるだけで天気や気温が吹き出しに表示されて便利です。

スマートフォンから上記ページへアクセスした場合、右上のコマンドで都市を選んで各都市毎に天気が表示される仕組みになっていますが、移動先の天気を知りたい場合は画面下にある「Ir a version web」をクリックして、パソコン版のページへ移動すると、ペルー全土が表示されるので見易いかもしれません。必要に応じて使ってみて下さい。

こちらのページもチェック!

Comments are closed.