個人旅行と団体旅行、どちらにするか迷っている方へ

ペルーへは個人旅行?それとも団体旅行?

ペルー旅行ではナスカの地上絵やチチカカ湖といった名所や、マチュピチュ遺跡などの旧跡、リマやクスコなどの観光地を見学したり、その国や土地の文化に触れたりといった楽しみとは別に、旅行仲間や旅行中に出会う人々との交流も楽しみのひとつだと思います。

そして旅行先での人との交流は、団体旅行と個人旅行ではやはり少し違ってくるものです。

このページでは、数ある旅行の楽しみの中でも"人との交流"という観点から、個人旅行と団体旅行それぞれのメリットを考えてみたいと思います。

団体旅行に好んで参加されるお客様は、一緒に旅行するグループの人たちとの交流を楽しみにしている人が多いように思います。

このことは弊社代表の塩畑が、日本の旅行会社で添乗員として団体旅行に同行していた時に感じていました。

例えば、日本の国内旅行の場合、夕食を宴会場で摂ることも多いのですが、その時にお客様がカラオケで唄を唄うことによって、グループの交流を深めることが多くありました。

私が1泊2日の温泉旅行の添乗をした時には、カラオケの曲に合わせて踊りたいからと着物まで用意してくるお客様もいたほどでした。

団体旅行では、同じグループの人たちと一緒に楽しむことが旅行の目的のひとつになっているのだと思います。

ペルーでは、さすがにカラオケや踊りをするといったことはありませんが、食事の時間に、参加者同士が今までいったことのある海外旅行の話で盛り上がったり、日本の住んでいる場所が近くて親密になったりといった様な交流を楽しんでいるお客様をお見かけすることが多々あります。

一方個人旅行の場合は、一人旅や、あるいは友人と一緒でも大抵少人数になりますので、団体旅行に比べると賑やかさといった活気はない分、リラックスして落ち着いた旅行になり易いです。

しかし個人旅行の場合にも、同じように個人で旅行している人たちと観光地や宿泊施設で交流する事がとても多いです。

観光地で偶然出会った人たちと仲良くなり一緒に食事をしたり、あるいはペンションなどで知り合った人たちと、これから行く観光地や宿泊場所の情報交換をしたり…

個人旅行の場合は、団体で旅行される方たちとは違った人々との交流があり、これが個人旅行の楽しみのひとつとなっていると思います。

ペルーでも、リマのミラフローレスやクスコのアルマス広場周辺では、バックパッカーと思しき個人旅行者同士が情報交換をしたり、お茶を飲んだりする光景を見ることがあります。

団体旅行に参加するか、個人旅行にするか悩んだ時には、こういったことも考慮に入れて考えてもよいのではないでしょうか。

弊社では、ペルーでの個人旅行を中心に手配業務をさせていただいておりますが、団体旅行の手配もさせていただきます

個人、団体に限らず、ペルー旅行に関することは何なりと弊社にお問い合わせ下さい!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.