ペルー現地運営の日系旅行会社からの観光案内

ペルーを観光する際は以下の事に注意して下さい!

弊社のような旅行会社が、ひとつのツアーを作る際には、ホテル、バス、ガイド、食事、ツアーの手配など、実にさまざまな旅行のパーツが必要です。そしてお客様が事故に巻き込まれないよう細心の注意を払いつつそれらを選定、手配することが私たちの最重要な仕事のひとつです。

日本からペルーへ観光に来られる方の中には、「交通機関や食べ物の衛生面、治安などはそれほど悪くはないだろう」と考えている方もいらっしゃると思います。しかし、やはり日本の感覚とは大分違いますので十分な知識と注意が必要です。

ダイニチトラベルは、ペルー現地で運営している日系旅行会社以前に、現地に住む日本人として、例え弊社のツアーへ申し込まない日本人観光客の方々も当然ながら同胞だと考えており、皆様の旅の安全を強く願っている次第です。

そこで、簡単にではありますが、以下にペルーを訪れる日本のお客様に是非とも気を付けていただきたいことをご案内させていただきます。あなたのペルー観光のお役に立てて頂ければ幸いです。

交通機関に関して:

日本では、以前スキーバスの事故が大きな問題になったことがありますが、ペルーでは同じような事故が日本よりはるかに多い頻度で起こります

整備不良やドライバーの過労が原因で起きる事故ですが、そういったバスを運行している会社の多くはライセンスを持たない会社で、このことはペルーの社会問題にもなっているのですが、そういった会社を全て取り締まることができない現状があります。

このようなバス会社は、弊社では"絶対"に手配しませんが、旅行会社を通さないバックパッカーの観光客が、安いという理由だけでバスを選ぶとこういった事故に巻き込まれかねませんので、十二分に注意していただきたい点です。

こういった会社が事故を起こすと、命を落とすだけではなく見舞金すら出ません。

ペルーには旅行業に携わる会社は多く存在しますが、バス会社以外でも無許可営業している会社は残念ながら少なくありません。

食事に関して:

当サイトや弊社フェイスブックページで紹介させていただいているレストランは、ペルーの平均的なレストランに比べますと高いと思いますが、衛生面はキチンとしているところを選んでいます。

リマのお勧めレストラン情報

しかしペルーには、上記ページのお店以外にも安くて美味しいレストランはまだまだ沢山あります。そこで、レストラン選びのポイントですが、見た目が綺麗で混雑しているレストランを選ぶべきだと思います。

金額的な面から言うと、例えばリマの中心のミラフローレスであれば、昼の定食で15ソーレス以上、夕食であれば一皿30ソーレス以上のものを選んでいただければ大抵は問題無い場合が多いです。

安いという理由だけで、旧市街の屋台でセビーチェなどの生ものを食べることは決してしないで下さい。

ペルーでお腹を壊すと日本の薬では直りませんので、せっかくのペルー旅行が台無しになってしまいかねません。

治安に関して:

観光地は概ね安全だと思いますが、人通りの多い場所から道を一本入っただけでパッタリと人通りがなくなる場所があります。そういった場所はひったくりが出やすので、避けた方が無難だと思います。

特に最近ではスマートフォンがひったくられる被害が増加していますので、歩行中はカバンやポケットにしまっておくことをお勧めいたします。

ペルーの治安について」ページでも治安について実例と共に書いていますので、興味がありましたらご一読下さい。

弊社は日系の旅行会社として、これからも個人旅行でペルーを訪れる日本人のお客様を中心に、安全で楽しいペルー旅行を提案してゆきます。また団体旅行ではできないツアーの企画やレストランの手配で、弊社独自のカラーを出して行きたいと思っています。

ペルー旅行を考える多くの日本の方たちに弊社を知っていただきたいと考えておりますので、何か質問等ございましたら何なりと私たちにお聞きください!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.