ペルーでの旅行会社運営

ペルー現地で旅行会社を運営する大変さ

インターネットで海外の旅行事情が簡単に手に入るようになってから、バックパッカーでなくとも「個人旅行で海外へ!」という方たちが増えてきました。

そういった方たちの中には移動手段や現地ツアーなどを、私たちのような旅行先の現地旅行代理店に行ってお申込みされる方も多くいます。

弊社へお申し込みされるお客様からよく「ペルーで現地運営する旅行会社」について質問をされるので、このページでは少し踏み込んで私たちの仕事について書いてみたいと思います。

日本とペルーでは旅行会社の苦労は全然違う

日本国内であれば、ホテルやツアーの予約がオンライン化されていたり、電話一本かければ旅館の予約が簡単に取れたりと、手配にかかる時間はそれほどかからないと思います。

しかしペルーの国内事情は日本のそれとはかなり異なり、ペルーでの旅行会社の仕事は、一つづつの作業に結構な時間がかかる場合が多々あります。

その大きな理由の一つは、日本のように自社端末等でホテルやツアーをオンライン予約するシステムがペルーにはないからです。

ペルーの場合、ホテルの空室やツアーの空席状況は電話で確認できますが、正式な予約はEメールを送った後先方からの返事を待たなければならないため(そしてその返信メールが中々来ない事が多々あるため)、とても時間がかかります。

確認のための電話もすぐに繋がればよいのですが、なかなか繋がらなかったり、手配当日のツアーの申し込みであってもメールの返事がくるのに2〜3時間かかったり、手配する我々もヤキモキすることがあります。

またメールで予約OKの返事が来たときも、宿泊代金やツアー代金の提示がない場合がほとんどで、手配したほうは料金表で確認しなければならないので面倒です。

例えばホテルの予約を入れた場合、ホテルの料金にはサービス料やIGVと呼ばれる税金などがかかります。そして当然ですが、料金表は各ホテルで異なりますので記述の仕方も異なります。

例えばあるホテルではサービス料が含まれていたり、あるホテルでは含まれていなかったり、サービス料がかからないホテルだったり、その記述が小さな字で書いてある場合がほとんどなので、どこに書いてあるのか探すだけで大変です(笑)。

料金提示がないこと自体は旅行会社の内部的な問題(お客様に提示する際には料金をしっかり把握した状態でお出しするので)と言えますが、ご自分でホテル予約などを直接行う旅行者の方たちにとっては、やたら分かり難かったり手配結果がでるまでに予想以上に多くの時間がかかってしまうと思うので、時間が無駄になってしまったと感じるかもしれません。

ペルー旅行をお考えの方々へ

…という事で若干グチになってしまいましたが(笑)、ペルーへの個人旅行を考えている方々へただ1つアドバイスをさせて頂くと、ペルー旅行の場合、ご旅行出発前に余裕を持って手配作業が出来ればそれに越したことは無いのですが、もし時間がなくて現地での手配をお考えの場合は、かなりお時間に余裕を持って旅行会社を訪れることです。できれば事前にメールやお電話で予約が可能かどうか確認しておくことをお勧めいたします

弊社、ダイニチトラベルでも「便利サービス」としてホテルや観光スポットのチケットのブッキング代行や車の送迎サービスを行なっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.