マチュピチュ遺跡観光のルール変更

2017年7月1日から適応されるマチュピチュ遺跡観光時のルール変更について

2017年7月1日からマチュピチュ遺跡での観光ルールが変更になる」という通知が、ペルー文化省(MINISTERIO DE CULTURA)から発信されました。

変更となるルールは以下の2点です。

・マチュピチュ遺跡内へはガイドを伴わなければ入場できない。また遺跡内はガイドと共に行動しなければならない。

・マチュピチュ遺跡を観光する時間は午前、あるいは午後のどちらかを選び、1枚の入場券でどちらか1方しか観光は許されない。
※ただし、例えば午後の入場券を購入した場合は午後も観光することが可能です。

遺跡観光の時間:
午前:6時〜12時
午後:12時〜5時30分

※上記はペルー文化省からの通達内容を要約したものであり、正確に翻訳したものではございません。ご了承下さい。

上記以外の入場制限ルールは以下になります:
ガイド1名につき最大で入場者16名までの同行
ワイナピチュ入山チケットを持っている場合でも遺跡内へはガイドの同行が必須
遺跡退出後の再入場は不可


ただし、2017年7月1日〜2017年10月1日を試用期間として、この間はある程度の緩和が行われます:

・午前券(6:00〜2:00)、午後券(10:00〜16:30)と2時間の猶予が付きます。
※ただし全員が対象ではない為、事前確認が必要となります。

2日目の遺跡再訪問者に限り、1日目に遺跡へ入場した際のチケットを提示すればガイド無で入場可能です。

・ワイナピチュ山の入山チケットを持っている場合、遺跡へはガイド同伴の義務無し。ワイナピチュ登山(3時間)、遺跡観光(3時間)、合計6時間の滞在が許可されます。


また、今回の入場制限に関しましては、2017年6月15日現在、ペルー文化省と旅行業界の間で話し合いが継続されている状況にあります。

更に詳しい情報は、弊社までお問い合わせ下さい。

通達は来たが…ペルーで有り勝ちなこと

上記の様な通達がペルー文化省から旅行代理店や関係各所へ公式に送られた為、正式には上記の様なルールに従いマチュピチュ観光を行う事になります。

弊社、ダイニチトラベルはペルー観光産業省に認可、登録され、ペルー現地で運営されている一旅行代理店として上記変更を遵守し、マチュピチュ遺跡の環境保全・保護に繋がる行動を常に念頭におきながら従業員共々観光ツアー会社運営に勤めて参ります。

しかしながら、ペルーという国に長く住み、ペルーを熟知する弊社スタッフはただ1点、上記変更内容を訝っている部分がございます。

「本当にそんな事が可能なのか?」という所です。

マチュピチュ遺跡観光ルールに関わらず、いわゆる「ペルーあるある」として、上記の様なルール変更を、それに掛かる資金、労力、人員確保、スケジューリング等を厳格に行わないままにまずブチ上げ、いざ実施してみたもののグダグダ、うやむやになってそのルール変更が消滅していく、というものがございます。

これまでのペルー生活で、その様な状況を数多く目にしてきました。

今回のマチュピチュ遺跡の観光ルール変更にしても、まず世界各国への通達、告知等は行われているのか、という懸念がございます。

そして世界中から個人旅行者がマチュピチュへ毎日押し寄せて来ていますが、2017年7月1日以降、ガイドを伴わない個人旅行者への対応はどの様なものになるのか?

単純に追い返すのか?

あるいは遺跡入り口にガイドを待機させ、個人旅行者へ有料で半日間強制的に雇わせるのか?もしそうであれば法整備や人員の確保は?

午前と午後にまたがって遺跡観光を行ってはならない、という通達ですが、広い遺跡で一体どこまで管理が行き届くのか?

・・・といった様な事柄の詳細は詳しく伝えられておりません。

立ち消えになる可能性もあるが、現状従って行動してください

しかし、その様な可能性は考えつつも、ペルー文化省から公式に発表された事柄である事に変わりはありません。

弊社からのアドバイスとしましては、ペルー文化省の指示に従い観光を行って下さい、という事になります。

個人旅行のお客様は、せっかくはるばる日本からペルーまでやって来たのにマチュピチュ遺跡内に入場出来ない、という事態も当然ながら考えられる為です。

今回の遺跡観光ルール変更が厳格に守られていくとなった場合、弊社への問い合わせも多くなる事態が容易に想像できます。

また遺跡観光数日前になってからの所謂「駆け込み依頼」も増えると予想しております。

しかしながら、弊社のガイド人員にも当然ながら限りがあります

また弊社はツアー代金の前払いを基本としているため、ツアー依頼から実施までに最低でも5日程度はみて頂く必要がございます。

つまりマチュピチュ遺跡観光予定日の直前になってからのご依頼には添えないケースも考えられますので、必要がございましたら少しでも早い連絡をどうぞ宜しくお願い致します。

追記

最終追記日:2018年2月23日

上記ルール変更は実施開始から約8ヶ月が経過しましたが、「2017年9月時点でのマチュピチュ観光のルール変更の状況」ページにて2018年2月現在の状況を追記として報告しております。こちらもぜひご一読下さい。

マチュピチュ遺跡観光ガイド申し込みフォーム

このルール変更に伴い、マチュピチュ遺跡観光に関する弊社への問い合わせが激増しておりスタッフも対応に追われているため、マチュピチュ遺跡観光時のガイドのみをお求めのお客様の為の申し込みページを作成致しました。

このページにはマチュピチュ遺跡観光ガイドの詳細、日本語混載、プライベート、あるいは英語混載等の料金、申し込みフォームが設置してありますので、ご興味がありましたらご一瞥をお願い致します↓

マチュピチュ遺跡観光ガイド申し込みページ

上記に関して、またその他ペルーの事なら何なりと弊社へお問い合わせ下さい!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.