マチュピチュ山、ワイナピチュ山比較

マチュピチュ山とワイナピチュ山のどちらを登山?

マチュピチュ遺跡を観光の際に、マチュピチュ山やワイナピチュ山の登山を楽しむお客様が増えています。

どちらの山も特徴がありますので、このページでは両方の山を比較してみたいと思います。

ちなみに、
マチュピチュの定番写真で有名な山頂が尖ったワイナピチュ山(ケチュア語で若い峰)。
このワイナピチュ山の反対側に位置する山がマチュピチュ山(ケチュア語で老いた峰)です。

マチュピチュ遺跡は、このワイナピチュ山とマチュピチュ山を結ぶ尾根にあります。

ワイナピチュ山もマチュピチュ山も遺跡見学のオプショナルツアーとして登山ができますが、頂上から見下ろす遺跡や周辺の景色は絶景です。

標高と登山時間

山の高さですが、マチュピチュ遺跡の標高は約2499m、ワイナピチュ山の頂上はそこから300m登った標高2700m、更に300m高い標高3000mがマチュピチュ山の頂上の高さになります。
 
登山にかかる所要時間は、ワイナピチュ山が往復で1時間30分〜2時間程度。マチュピチュ山は往復で約3時間〜3時間30分程度です。

登り易さ

登り易さを考えますと、人ひとり通るのがやっとで急な斜面が多いワイナピチュ山に比べ、マチュピチュ山のほうは幅が広く、比較的なだらかな斜面となっている山道が多いため、この部分ではマチュピチュ山に軍配が上がります。
 
なお補足として、山道が狭いワイナピチュ山では、休憩をしていると後ろから登山者が来たときに身をよじって道を譲らなくてはならない場所もあり、ゆっくりと休憩できるスペースは限られています。

マチュピチュ山の山道は広いため休憩するスペースは多く、自分のペースで登ることができます。

ただし山頂までの登る時間が1時間程度のワイナピチュ山では、それほど休憩を挟む必要がなくいっきに登り切ってしまう人たちもいます。

逆に、マチュピチュ山は山頂まで登る時間がワイナピチュの倍程度かかるため、何度か休憩を挟まなくては登りきることができません。

しかし休憩できるスペースが多いということは他の登山者の迷惑にならず、自分のペースで登ることができるので、これはマチュピチュ山のよい点と言えそうです。

山頂の環境

山頂の環境もワイナピチュ山とマチュピチュ山では違います。

ワイナピチュ山頂は凸凹と岩が積んであり休憩する場所が狭いのに対し、マチュピチュ山の山頂は広いスペースにベンチまで置いてあります。

一番気になる山頂からの景観ですが、この点はどちらも素晴らしい景色をご覧いただけるためご安心下さい。

ただし1点付け加えたい事として、ワイピチュ山はマチュピチュ遺跡に近いため、遺跡から距離のあるマチュピチュ山よりもより近く、より迫力のあるマチュピチュ遺跡全体を見ることができる素晴らしい環境です。

マチュピチュ山は、マチュピチュ遺跡からは若干遠いため、山頂から遺跡全体はかなり遠目に見ることになりますが、しかし標高3000mという高さなので、遺跡の周りを囲む4000m級の山々を一望することができるという点が好まれています。

いかがだったでしょうか。

ワイナピチュ山とマチュピチュ山、どちらの山にも良し悪しがあり、お客様のお好みに合わせて選択して頂けると思います。

ちなみに弊社ではマチュピチュ関連ツアーやマチュピチュ列車&入場券パック等のオプションとして、ワイナピチュ山あるいはマチュピチュ山のどちらでも手配をさせていただいておりますので、入山をご希望の際は弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

またマチュピチュ遺跡への観光や、ペルーに関することなら何なりと私たちまでお尋ね下さい!

こちらのページもチェック!

Comments are closed.